スマートフォン株アプリ

旧時代のツールとは言わせない

今でこそスマホなどで株式を行っている人もいるかもしれないが、携帯時代から株式を行っていたという人もいるかもしれないが、数としてはかなり少数になるのではと個人的に予想している。今でもガラケーを使用している人はそれなりに存在しているが、そういった人達の中で通勤・通学がてらに株式を行っている、という光景を見た事があるという人がどれだけいるだろう。というのも、携帯電話機と呼ばれる情報ツール時代が先端だった数年前においては情報面などの収集が非常に難しく、株式を行っている人でも売買だけという単純なことしか行っていなかった人が多い。それもそうだ、携帯では情報がまず命となっている株式にとって最新のものが入手できない環境におかれている投資家ほど不利な存在はないだろう。もしかしたらとてつもない儲けを逃がしてしまった、あるいはありえない具らうの損をしてしまったという、そんな状況になりかねないからだ。

何よりリアルタイム情報が全ての取引において欠かすことの出来ないものとなっているので、携帯ではその情報獲得には限界が来てしまっていた。だからこそスマートフォンやiPhoneが開発されたというわけではないが、そんな小型パソコンとも言えるような超高機能ツールが完成し、そして市場において販売されたことでより株式を行う事が身近なものとして扱われるようになっていった。スマホやiPhoneといったツールで行う株式取引は、端末にインストールされたソフトを使用することで取引に参加する。その機能の中には株式に必要不可欠な情報を入手できる他、株取引についても行うことが出来るようになっている。

パソコンサイトを見られるスマホやiPhoneなどの大きな画面とその場で即対応することが出来る操作方法などもネット株式取引をする上では重要ともいえるツールだ。パソコン並みの性能を有しているスマホを用いることで携帯で売買だけしか出来なかった人には、最適な商取引をいつでもどこでも行うことが出来るようになったという点ではいいのかもしれない。

そんなスマホなどを用いての株式取引に参加する場合だが、先ずはソフトを選ぶ必要がある。そこから自分の好みなどに適しているものを選択すればいいので、人気の株式取引を行なうことが出来るソフトについて紹介していこう。

スマホで株

スマホ・iPhone対応の株式取引アプリ

トレーディングソフトとはいっても、さすがにパソコンとスマホのソフトについては性能などが若干異なっているためココからは一旦パソコンでのトレーディングソフトは閑話休題として、スマホ・iPhone対応の株式アプリについての話をしていこう。使用している端末でスマホかiPhoneのどちらを使用しているかで二分することになるかもしれないが、現在人気を博している株式取引アプリは基本どちらの機種も対応となっているので、その点については心配ない。ではそんなスマホ・iPhone対応のアプリを紹介していこう。1つ追記しておくと、アプリをインストールしてもある条件を満たせば利用無料となっているものが人気となっているところを見る辺り、あまりこういう細かいところでお金を遣いたくないと考えている人が多いのはご愛嬌だ。

株touch

先ず最初に紹介するのは、ネット証券として提供している松井証券が製作したアプリ『株touch』についてだ。こちらのアプリは株式取引を行なうことが出来るスマホ・iPhoneアプリとしては一番の人気を博しており、機能としてもお気に入りの銘柄はもちろん、日経平均や日経225先物、日経225オプションなどの値段をリアルタイムで確認することが出来る他、各種株価チャートを利用することもできる。無論簡単な売買を行うことも出来るようになっているので、機能としては十分すぎるものとなっている。

マネックストレーダースマートフォン

次にマネックス証券から提供されている『マネックストレーダースマートフォン』というアプリについてだが、こちらも株価紹介から残高照会、さらに各種指標といった必要な情報を入手することが出来るようになっている。こちらのアプリもマネックス証券に口座を取得していれば無料で行うことが出来る。こちらのアプリにはちょっとした特徴があり、注文時には『携帯電話からの注文』と表示される点がポイントだ。マネックス証券を介しての株式取引の場合、パソコンよりも携帯電話として分類されるスマホなどで注文した方が手数料などが安く済ませることができるという点はお勧めとなっている。

株roid(Android版)・iClick株(iPhone版)

ドンドン行って、次に紹介するのはGMDクリック証券が提供している株式取引ソフトで、スマホバージョンでは『株roid』・iPhoneバージョンでは『iClick株』についてだ。このGMDが提供していた株式取引のアプリは以前まではスマホのアンドロイドのみが利用することが出来たものだったが、昨年暮れごろになってようやくiPhone版のアプリもリリースすることが出来るようになったことも大きな要因だ。この証券では取引商品ごとにアプリを分けており、FX取引専用、バイナリーオプション取引専用のアプリなどといったような投資商品ごとにカスタマイズしたアプリを提供している。

iSPEED for iPhone・iSPEED for Android

ご存知、楽天証券において提供されている株式取引アプリで、株注文や株保有の状況、資産管理といった注文・管理機能のほか、国内株式、為替/金利、アジア市況、米国市況、欧州市況、債権といったロイターニュースを閲覧することが出来るようになっている。楽天証券にて口座を開設しておけばすべての機能を無料で利用でき、解説しないで一部制限された状態で利用するよりかはいっそのこと功罪を解説してしまったほうが手っ取り早い。

株で一発当てたいですよね

SBI株取引

文字通り、といったところのSBI証券がリリースしている株式取引アプリで、株式ソフトとしての機能は基本的に充実しているものとなっている。注文や口座管理、チャート分析なども可能となっている一方で、ランキング上位のアプリと比較すると情報面が幾分か他ソフトと比べた際には弱いと判断する情報筋もある。こちらもSBI証券の口座を開設していれば無料で利用することが出来る。

平たく言ってしまうとどれでもいい

上記のように、株式取引を行なうことが出来るソフトはそれぞれ用意されているが正直なところ、どれを選ぶかについては好みの問題によるところが大きいかもしれない。口座を開設しているかどうかといった点でも構わないが、どこを選択したところで大きな差を生み出すようなこともないといえる。要は、後はどこが一番自分として利用しやすいかどうか、という点に限って選択するといいだろう。

今から株はじめてみる?
最近はワーキングホリデーをする台湾人が増えており、2014年は発行上限数5000人の70%、約3500人の台湾人がワーキングホリデーを使用して訪日しています。台湾人の採用 こちら http://www.astmil.co.jp/foreigner/taiwan/をするならアストミルコープがサポートいたします!