システムトレードソフトというもの

株式には株式のルールがあるからこそ

ここまで株式取引について色々と話をしてきましたが、ここまでの手順を完璧に理解と行使することが出来れば、その時点で立派な投資家として活動することが出来るというほど、この世界は甘くはない。現実的なことを突きつけるとするなら、こうした株式の世界においても実質きちんとした純利益を出す事が出来ている人間の割合は実質1割程度と、そう見なしている専門家もいる。単純な話では、とある企業に投資している人間すべてが儲かるという点では間違ってはいないものの、その株式を購入したときと売却する際の線引きをキチンと自分の中で出来ているかどうかで、勝敗、または明暗を分けることになるだろう。またいかに売買時のタイミングを見定めることが出来るかどうかという点についても、投資家として見極めなくてはならない要素であることに違いない。そうした点をいきなり始めた人間が鋭く見通し、そして予測することが出来るのであればまさしく天賦の才能、商才があるという風に捉えて問題ない。

そんなことが出来る人間はまずいないので、最も現実を直視して物事を考えてみようと思う。では実際に投資家達は普段の株式取引においてどのような行動を起こしているかというと、それは株式売買時に投資家個人において明確なルールというものを設けている場合がある。ルールといってもそれほども難しいモノではなく、次のようなルールを独自に敷いて投資活動に勤しんでいるというわけだ。

  • 投資ルールその1:自分にとっての手段となる明確な『売買ルール』を設定する
  • 投資ルールその2:全銘柄を全期間、広い範囲を対象とした『バックテストを行う』ことで、正の値である銘柄を売買できるようにルールを常に見直していく
  • 投資ルールその3:一定の期間において満足のいく売買を行うために、『期間別の株式結果』を確認するようにする
  • 投資ルールその4:用いている売買ルールがどの角度から用いたとしても、等しく機能しているかどうかを確認する
  • 投資ルールその5:自分が儲ける事は大事だが、全体的な視点で考えた際に統計的に勝ちを拾っているように立ち回らなければいけない
  • 投資ルールその6:自信が用意することが出来る資金量を元に、きちんと検証できるようにしておくことで、より明確に勝ちを拾いやすくなる

こういったルールを、ではいきなり強いてみようかといって非常に無理があるのはわかるだろう。始めて間もない人にとってはルールを敷く前に、まずは自分が株式取引を行っていくために必要な知識を備えているかどうか、という点に着目して考えなくてはならない。勉強不足の場合は先ずそこからで、そして勉強をしてある程度基本的な部分を理解できたのであれば、本格的に投資家として活動して行くことが出来るといえる。だが個人投資家、特にネット証券を中心に立ち回ることを考えていると、誰かにアドバイスを求めるということも中々出来ないのも事実だ。投資家同士の繋がりがあるとはいっても、市場に出ればいつか敵として対峙しなければならないときもある。

そういう時、個人投資家は全ての判断を自分一人で背負い込まなければならないという、苦しい状況に曝されることになるのは何とはなしに理解できるだろう。どんなに熟練したベテラン投資家であったとしても、最初は何も出来ない素人だったと考えれば先ずは順々に経験を積み上げていく事が大事だ。今では証券会社からの営業マンが専属としてついて株式についてのアドバイスを貰わずとも、誰もが気軽なくらいに株式に参加することが出来るようになった世の中で、株式の売買時に役立つソフトというものがある。それは『システムトレードソフト』というものがある。ここからはそんなシステムトレードソフトについて話をしていこう。

スマホで株

システムトレードとは

先ず最初にシステムトレードについての話をしようと思うのだが、簡単に言うと事前に株式に関する決めた売買ルール、これに基づいて機械的に投資を行っていく事を指している。どういうことなのかというと、人間の感情を排した取引を行なうことができるようになり、それによって取引時においてありがちな希望的観測などに感傷することも無く、設定した売買ルールを絶対として投資を行っていくということだ。そこに人間らしい感情の機微は無く、まさしく投資をするためだけに作られたのがこのソフトだ。

またこのシステムトレードを用いることによって過去の株式取引に関する統計を参考に展開していくことも、大きな特徴だ。投資をしているとどうしても先んじて嫌なことやその時の事実とを照らし合わせて、どうしても判断が鈍くなってしまうこともあるかもしれないため、こうした取引時においては人間らしい感情ほど邪魔になるものはない。そう考えた際、このシステムトレードソフトを利用すれば様々な恩恵を受けることが出来るようになるので、是非とも活用したい。

株で一発当てたいですよね

便利といえば便利

こうしたシステムトレードソフトとはそこまで必要なものなのかと聞かれると、人によってはそうでもないかもしれない。便利な道具であることに変わりはないが、投資というものをものすごい短期的なものとしか見ていない、また株式に対してどうしても先入観が走ってしまうなどの個人としても思惑がいき違ってしまうような人には、こうした機械的に投資取引を行なってくれるソフトは非常に有効なツールとなる。ソフトを使用することで投資家として申し分ないスタートを切ることが出来る、それだけは確実にいえることだ。どうしても自分の感情を制御することができない、無機的に投資を行って統計的に活動して行く、また自分の精神力では感情を押さえつけることは難しいと思っている人にはこのシステムトレードソフトは非常にお勧めとなっているので、利用してみるといいだろう。

今から株はじめてみる?