これでアナタも一人前!?

トレーディングシステムというもの

株式取引を機械的に行なう『トレーディングシステム』とは、自分が敷いた売買ルールを明確にすることで、そのルールに基づいて株式を行っていく事を指している。明確な定義づけをすることで、逆に行動を制限されてしまうのではと思いがちかもしれないが、こうしたトレーディングシステムにおいてのルール定義に関して言うなら、むしろ自身においても好都合となる状況を作り出すことが出来る、そう述べることが出来る。確かにルールという限定的な世界観を構成してしまうと束縛されてしまう、というようなことになってしまうかもしれない。それによって本当はこうしたいのにこうすることが出来ないと自由を求めたくなるかもしれないが、その自由意識が時として間違いを引き起こしてしまうこともあるからだ。

そうならないようにするためにも、時には自分が一番推している株式に関することを諦めなくてはならない、または売却しなければならない等の判断を下さなければならない。そんな時に限ってまだあと少しとばかりに踏みとどまってしまうこともあるのが、投資家最大のジレンマだろう。その部分を乗り越えることが出来れば一人前だが、出来ないからこそ問題になってしまう。だからこそトレーディングシステムを使用している人は売買ルールをキチンと設けて活動しているのだ。そこに己の感情といった個人としての情を参照するのではなく、あくまでルールに従うことに縛られることで更なる躍進を遂げることができるという。

スマホで株

自分ルールを設けるといい事は多い?

投資家として既に活動している人の中には、すべての取引において感覚だけで参加しているという凄い人はいないだろう。皆何かしらの目安や水準などを元にして活動している事は間違いない、それこそ投資をする側としてはありえない行動といえる。株式というものは常に安定しているモノではない、景気の動向1つで一気に急成長から大暴落という暗転直下なる道筋を辿ることもざらではないからだ。そうした状況が起こりうると仮定した場合、やはり自分が売買におけるルールというものを個人で用意しておく事は、投資家として非常に大事なことだと判断することが出来る。

投資家として成功する秘訣には、こうした『自分ルールをピッタリ過ぎるくらいに製作してしまう』ということが、一番重要だ。そしてもちろん、その人だけのルールを用いることで自分だけの投資を行うことが出来るようになる。そしてどんな状況においても瞬時に判断する事が可能となるので、投資活動をする中で、明確な答えを導き出すことが出来ない不確かな中ではこうした自分にとって有益な情報を獲得するのも、非常に優位性を感じられる点でもある。

株で一発当てたいですよね

投資活動に縛りはない

こうした自分だけのルールを形成するというのは、始めたばかりの人には難しそうに感じるのは仕方のないことだ。しかし日本人といえば何かと仕事や趣味などのライフスタイルにおいて、何かと自分ルールを採用して用いている気質がある。そのことを考えれば、投資家もそうした自分ルールを設定するという点では共通していることだといえる。自分だけの方法で、自分だけの解決策、そして自分だけの答えを導き出せるようになれれば、満足の答えにたどり着ける可能性はぐんと高まるものだ。

最初は有名なとレーダーが出しているような書籍の真似事をしていたとしても、それで本当に勝てる人間など限られている。ならいっそのこと自分がやりやすい投資活動というのをテーマにして行けば、自分なりの投資家としての姿を確立することが出来ると、言える。

今後投資家として活動して行く人にとっては、これは簡単に決められる問題ではないかもしれない。しかし先に紹介したようにトレーディングソフトを使用するにしても、システムトレードソフトを使用するにしても、ネット証券を行っていくことを考えていくのであれば、最後に頼れるのは自分の判断だけだ。自分のしたことに間違いが無かったと、そして自信を持って胸を張れるくらいになれた方が良い。ゆっくりでも構わないので、最初は株式取引に慣れていくように、順々に自分ルールが決められるくらいに慣れれば理想的だ。

今から株はじめてみる?
オーダー家具などを扱う東京のインテリアショップ「HOIDE GALLERY(ホイドギャラリー)」からお知らせです。オーダー家具ならお任せください!あなたのお部屋にピタっとはまる家具をお作りします!