ネットと対面、どちらがお得?

根本的な話題に触れておくと

株式取引を行なうというと、中高年世代においては情報端末を用いて行うという印象がないという人もいるかもしれない。証券会社に訪れてその場で株式取引を行なっている人も現在でも多く見かけられるが、やはり最近の主流となっている株式取引はネットへと移行しつつあるだろう。中には投資家として活動を始めた人の中には証券会社に訪れた事は一度もない、という人もいるかもしれない。これは別に珍しい話でもないかもしれないが、では実際に証券会社とネット取引を天秤に掛けた際にどちらの方がより株式取引を行なうという点で利点となるのか、考えてみようと思う。

証券会社というと、筆者は子供の頃銀行との区別がイマイチ付かなかったので親に何がどう違うのかと質問したところ、母から『あんたには一生縁のないところよ』と、何故か侮蔑を込められたいわれた記憶があるという、どうしてそんなことを言われたのか分からないといった思い出がある。という個人的な体験談を述べつつ、証券会社に直接赴くか、最初からネットで株式を行ってみるかの違いについて少し見ていこう。

スマホで株
Kansai(寛斎)もレンタルしてます。kimono-takuhai.com 京都 着物 レンタル皆様のおかげでやってきました。問い合わせください。
ヘアカラーのやり方、きちんと正しく出来ていますか? 施術方法が覚束なくて訪れるお客様はヘアー カラーリングも弊社にお任せ下さい。

証券会社における対面式の場合

では先ず最初に証券会社に直接訪れての株式取引についてだが、その特徴としては簡単に言うと銀行の窓口のようなやり取りを思い浮かべてもらったほうが早い、というと少し無理があるかもしれないがイメージとしては近いだろう。証券会社における株式取引を行なう際に窓口にて営業マン、または窓口の係員と具体的に自分がどこの銘柄を買いたい、もしくは今もっている銘柄を売却したいのかをその場で話し合いながら決めていくスタイルとなっている。対面で話をしているということもあって、実際に現場で活動している営業マンとその場で話をして投資に関する質問などを相談する、といった些細なことも可能となっているのでそちらについては大きな利点だといえる。自分ひとりで行うことになるネット取引にはない強みでもある、その場で質問したことに対して答えをすぐに提示してくれるというのは中々優秀なところでもある。

ただやはりこの証券会社に訪れての株式取引についても欠点というものが存在しており、その代表的な短所が手数料という取引コストが掛かってしまうということだ。この手数料という点、実は気をつけていないと証券会社の営業の口車に乗せられて、とんでもないコストを背負わされることもあるので注意したい。基本的に手数料・さらには販売ノルマといった成功報酬型の収入源となっているので、自分の生活が掛かっているという証券会社の営業担当などに遭遇してしまうと、こちらの限度などのお構い無しに身の丈にあっていない投資信託を進めてくるといったこともあるため、何かまずい状況になりつつある事態に陥る可能性も無きにしも非ずとなってる。対面型の場合だとあれやこれやと口調に乗せられることで自分が求めていない株式を購入させられてしまうという危険性もあるので、もしも何かしらの危険を感じるようなことがあれば対応出来るようにしたいところだ。

ネット取引の場合

そしてネット取引についての話をしていこうと思うが、根本的にネット取引を行なう場合にはプロの証券マンの手を借りずにすべてを自分判断で決めることになる、というのが特に大きな特徴だ。証券会社の営業がつかないという点では手数料やら、分からない投資信託などを進められることもない一方で、すべての投資における選択と失敗などの責任については全て自分自身で背負い込まなくてはならないという点を気をつけなければならない。

自分の責任は自分で背負い込むことになった場合における株式取引の最たる利点としては、『コストを大幅に減らす事が出来る』ということに尽きる。しかもそのコストを減らすことができるというのは大まかに、対面証券の数十分の一から数百分の一という非常に幅広いコストカットをする事ができるのは、長所というべき点だ。

では一方で短所としてあげるとするなら、先ほどから口うるさく話をしてきたが自分ですべてを決めることになるので責任も自分だけのもの、ということはもちろんだが、それ以上に株式取引に必要な情報全てを自分で入手しなければならないという一点だ。この情報を収集することができなければ、そもそも投資家として活動することは出来るわけもない。責任を負いたくないと考えている人もこの方法を取るべきではないだろう。そもそもそんな事を考えている人は投資家としての資格云々の問題以前なので、キチンと自分のすることに責任が持てなければ 株式に手を出すべきではない。

株で一発当てたいですよね
ムクの床材にこだわったお部屋に住みたい方必見!デザイナーズ賃貸でお部屋探し!ムク床の物件もかんたんに検索できるのでおすすめです♪

どちらにしても

こうしてあげてみると分かるとおり、やはり一長一短である事が理解できる。どちらにも良いところがある反面、悪い部分もある。そういうことを踏まえて考えてみると、まだまだ投資初心者として活動したばかりの人は多少なりともリスクを承知で証券会社を利用してみる、というのもありなのかもしれない。何も知らない、まして勉強が追いついていないという人からすれば株式について知識を深めていない人は証券会社の利用から、というのも手段としてはありだといえる。

ネット証券で十分、証券会社のエリート様に負けないほどの知識を備えている場合には単独での株式取引も問題ない。ネット証券では全て自分の判断1つで成功を表すことになるので、どんなことがあろうとも自分で全て解決するだけの度量と器量があるなら、最初からネット証券にて投資家としての道を開拓してみるのも問題ないと言い切れる。

間違いなく時代は、ネット証券

証券会社に実際に訪れて株式を始めてみるのも確かに手段の1つとして数えることは出来る、しかし一方で現代の株式はどのように変容しているのかと分析すると、圧倒的にネット証券を行っている人の数が多いことだけは間違いない。そして今後としてもネット証券が株式取引を行なっていく上での最有力の利用手段となるのも遠からず近い未来で実現するだろう。既に実現しているといっても過言ではないかもしれないが、もしもそうなったら証券会社もその像を時代に変容させていかなければならないという点で意識して行くところなのかもしれない。これから株式を始めようとしている人こそ、ネット証券で投資家として道の第一歩を踏み出すことになる。

今から株はじめてみる?
Kansai(寛斎)もレンタルしてます。kimono-takuhai.com 京都 着物 レンタル皆様のおかげでやってきました。問い合わせください。